肛門科とは

肛門科のイメージ写真

肛門科は、痔核や裂肛、痔瘻など肛門に生じる病気の治療を行なう診療科です。場所が場所なだけに、痛みや日常生活上の不都合が生じていても我慢されている方も少なくないようです。しかし、肛門に痛みや異変が起こっているときは、肛門そのものの疾患ばかりではなく、大腸がんなどが潜んでいることもあるのです。一人で悩まず、勇気を出して肛門科までご相談ください。

主な症状について

  • 肛門から膿や血が漏れてくる
  • 排便の際に痛みを伴う
  • 便に血が混じっている
  • 便秘や下痢が続く
  • 排便が辛い、便が出にくい
  • 肛門に痒みがある
  • 椅子などに長時間座っていられない
  • 重い物を持ち上げるとお尻に痛みがある
  • 肛門の外に腸のようなものが出てきた
  • 肛門がうまく閉まらず、便が漏れ出てしまう など

肛門科の主な疾患

  • 痔核(いぼ痔)
  • 裂肛(切れ痔)
  • 痔瘻(あな痔) など

痔核

肛門に関連した悩みでもっとも多いのは、長引く便秘や、肛門に過度のストレスをかけることによって発症する「痔」です。その中でも最も多いタイプが痔核であり、当院を受診される患者様においても頻繁に見られます。直腸の下部や肛門付近にある網目状の静脈がうっ血し、腫れあがってイボのように膨らむので、いぼ痔とも呼ばれます。直腸下部と肛門上皮の境界線よりも内側に出来るのが「内痔核」、外側に出来るものが「外痔核」です。

内痔核の場合、排便時に出血が伴うことが多いのですが、内痔核のできる場所には感覚神経が通っていないため、あまり痛みを伴わないまま病気が進行していきます。さらに進行すると、肛門外に脱出し、指で押し込んでも戻らなくなってしまいます。この状態になると、手術が必要となります。

外痔核は、強い痛みを伴うことが特徴であり、便通異常や飲酒、激しい運動、臀部に強い負担をかけることなどにより症状が悪化します。

裂肛(切れ痔)

裂肛は、肛門の上皮が切れてしまい、その部分に裂創や潰瘍ができる疾患です。痛みによって肛門括約筋が締まって肛門が狭くなるため、排便しづらくなり、肛門の状態を悪化させるという悪循環に陥ることもあります。症状が悪化すると、大量の出血が見られるようになります。

裂肛には、便秘や下痢によって肛門が切れ、排便時に痛みや出血を伴うものの、その傷が浅くて数日で回復する「急性裂肛」と、何度も急性裂肛を繰り返したり、感染症が起きて肛門ポリープやいぼが固く盛り上がってしまう「慢性裂肛」があります。

急性裂肛の場合は、整腸薬や軟膏などで便通を調整する保存的治療が用いられます。一方、慢性裂肛の多くは手術が必要となります。比較的に軽度であれば、肛門括約筋の一部を切除して治癒を目指します。しかし、重度の場合は裂肛切除術が選択されます。

痔瘻(あな痔)

痔瘻は、肛門の周囲に孔が開き、肛門内に瘻管(トンネルのような通り道)が出来てしまう疾患です。孔の空く場所などにより、皮下痔瘻(1型)、筋間痔瘻(2型)、坐骨直腸窩痔瘻(3型)、骨盤直腸窩痔瘻(4型)の4タイプがあり、それぞれがさらに細分化されています。

通常は、入院して手術を行います。瘻管に沿って皮膚や粘膜を切開する方法、瘻管だけをくり抜く方法などがあり、日帰り手術で対応できる症例もあります。