大腸カメラ隔年に1回検査

胃カメラのイメージ写真

現在、一般的に普及している消化器内視鏡は、当院長が在籍していた大学医局のボスでもあった日本消化器内視鏡学会名誉理事長でもある丹羽寛文先生が東京大学第一内科の時代より、オリンパス社を中心として電子スコープの開発、内視鏡的ポリープ切除術といった開発など多岐にわたって、進化・発展させられてきたものです。今や、丹羽先生のお弟子さんでもあった先生方も含め、内視鏡検査法、治療法の知識・技術を日本から世界に発信し続けている現状です。

がんや潰瘍といった病変はいち早く発見し、速やかに処置することができれば、より簡単な治療で済むほか、治癒する可能性や生存率も高まるようになります。つまり、胃内や腸内といった消化管内部を直接的に観察できる内視鏡検査は、病変の早期診断に適した検査方法のひとつで、各自治体で実施しているがん検診などでもよく用いられています。

下部消化管内視鏡あるいは大腸カメラとも呼ばれる大腸内視鏡検査は、主に大腸を観察する検査になります。胃カメラと同様な作りとなっている細長いスコープを肛門から挿入しています。同検査では、直腸から結腸、回盲弁(小腸出口と大腸入口の境界の逆流防止弁)のほか、小腸の回腸末端までを観察することができます。なお大腸は構造的にクネクネと曲がっていますので、胃と比較すると挿入方法は少々複雑で、また挿入時に空気が入るなどしてお腹のハリを訴えるということもありますが、回腸末端まで挿入することが可能です。

なお当院長は、日本消化器内視鏡学会が認定する内視鏡専門医および指導医でもあります。そのため、内視鏡検査をするにあたっては、内視鏡挿入時や観察時など被検者となる方が不安になりやすい場面でもリラックスしやすい雰囲気づくりに努めることで、安心感をもてる検査というのを心がけています。

また当院の内視鏡検査時の特徴ですが、微小な病変や識別しにくい病変があるとされる検査では、スコープ先端より目的部位に色素を散布して病変部を目立たせるようにすることもできます(図2)。また、詳細な検査が必要と考えられる病変組織がある場合、スコープ先端に内蔵している鉗子から一部組織を採取して詳細を顕微鏡で調べる(図3)。さらにそんなに大きくないポリープなどがある場合は内視鏡で切除することもできます(図4)。このほか出血が消化管内で見られている場合は、出血部位を止血することも可能です(図5)。

図1通常観察 図2色素散布 図3組織採取 図4ポリープ切除 図5止血

このようなことから、内視鏡検査で大腸がんを発見されたとしても、早期がんで条件を満たしているのであれば、開腹をせずとも内視鏡で切除治療は可能です。また、内視鏡検査はX線検査と比較しても直接観察ができるので微小な病変を見つけやすい、検査による被ばくがないといったことが利点です。

楽々大腸カメラ

当院での内視鏡検査は、できるだけ被検者となる方の負担が軽減される検査というのを心がけています。

また大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術も実施しており、これは日帰り手術となります。治療後の対応としては、大学病院とも連携をとっておりますので、夜間・休日であってもバックアップ体制は整っています。

NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)特殊強調画像システム採用

当院で使用している内視鏡は、NBI (Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)という特殊強調画像システムを採用したものです。これは「早期がんの早期診断」を可能にするとされ、病変の悪性度について通常の内視鏡よりも正確に判断すると言われているものです。ちなみに同システムの中でも国立がん研究センター中央病院や大学病院などで採用されているとされる内視鏡の最上級モデルを当院では導入しています。

先でも触れましたが、NBI特殊強調画像システムを内視鏡検査で使用すると、通常の観察よりも病変の悪性度が正確に判断できるとされています。 さらにこのNBIシステムと拡大内視鏡を併用し、病変の悪性度を正確に判断できるようになれば、切除する必要のないとされる良性のポリープを切除せずに済むようになるので、患者さんの負担軽減にもつながるようになります。

  • 通常光通常光
  • 狭帯域光(NBI)狭帯域光(NBI)

大腸カメラ(大腸内視鏡)の主な特徴

大腸検査のイメージイラスト
特長① できるだけ痛みを軽減
当院では、検査当日の朝9時から下剤を飲み始めます。そして腸内に何も残ってない状態となる正午を過ぎた頃から大腸カメラの検査をしていきます。内視鏡を挿入する際は、大腸にやさしい熟練した挿入法と無送気検査によって痛みをできるだけ感じないようにする検査というのを行っています。
特長② 独自の無送気検査
大腸カメラによる検査では、大腸粘膜の状態を確認するのに腸内を膨らませることで隅々まで観察できるようになりますが、その際に空気が入るなどして、お腹のハリなどの症状を感じることがあります。ただ当院では無送気検査となりますので、ハリなどを気にせず検査が受けられます。
特長③ 最新のポリープ切除術
当院では内視鏡による大腸ポリープ切除術を日帰りで行っていますが、その際に使用される電気メスは、大学病院クラスで使用される最上級モデルのもので、治療中に気になる出血や穿孔といった可能性が少ないとされる切除治療を行っています。なお手術後の対応に関しても大学病院と連携をとっていますので、夜間・休日でもバックアップ体制は整っています。
特長④ NBI(特殊強調画像システム)採用
当院では、通常の内視鏡で使われる照明では認識しにくいとされる病変も見つけることができるとされる照明(ライト)が搭載された内視鏡を使用しています。これによって検査中にライトを切り替えるだけで病変が浮き出てきて問題病変を確認することができます。

受動湾曲機構搭載大腸内視鏡スコープ

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)については、内視鏡を肛門から逆流する形で挿入していくので、同検査を受けられた多くの方は、「苦しい」「痛い」というイメージをもたれているかもしれません。

ただ、大腸カメラも年々進化の一途をたどっていて、体内への挿入部となるスコープの径が細くしなやかに変化し、また機構的にも工夫が様々されるようになっているので、現在の大腸カメラでは、苦痛をそれほど感じないという患者さんの声もよく聞かれるようになりました。

なお当院の検査で使用している大腸カメラのスコープは、湾曲部の手前に受動湾曲部が搭載されているものです。これは湾曲部と連動した特殊な機構になっているのですが、湾曲部が腸壁に当たって力がかかると、この受動湾曲部が自動的にしなるようになります。このしくみによって、腸壁を押す力が内視鏡先端部を先へ進む力へと変換されるようにしているのです。

受動湾曲機構搭載大腸内視鏡スコープ

大腸内視鏡による内視鏡的粘膜切除術(ポリープ切除術・ポリペクトミー)

大腸内視鏡の特徴でも触れましたが、当院はポリープ切除術で使用する電気メスについて、大学病院クラスの最上級モデル(ドイツ製)を設置しています。そのため、治療中の出血や穿孔といったリスクも可能な限り低減した切除治療を受けることができます。

またポリープ切除術後も当院と連携している大学病院で夜間・休日といった時間外も含め、24時間、365日対応可能なバックアップ体制も整えています。このように術後のケアも大切にしています。

内視鏡種類

内視鏡的粘膜切除術(ポリープ切除術)の方法

内視鏡的粘膜切除術

大腸ポリープの中でも赤色の状態となっている腺腫が発見された場合、これが腺がんに移行する前の治療として、当院では上記のような内視鏡的粘膜切除術やポリペクトミーを日帰り手術にて行っています。

大腸ポリープ

高周波オートマチック凝固・切開システム

高周波オートマチック凝固・切開システム

内視鏡的切除術によって大腸ポリープを切除する治療の際は、オートマチックで凝固・切開することで、出血などの合併症のリスクを避け、できるだけ安全に切除するという、システムを当院では設置、採用しています。

内視鏡洗浄

当院では、院内感染の防止にも注力しており、院内全体において 「CDCガイドライン」という国際基準に準拠した取組みを実践しています。ちなみにCDCとは、米国疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)の略で、国際基準の感染対策に対するガイドラインを作成している機関でもあります。医療機関において、感染対策は重要な課題でもあるので、当院長はじめスタッフ全員で取り組んでおります。

とくに内視鏡の扱いについては、さらに万全の対策をとるべく、日本消化器内視鏡学会が作成のした『内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン』 に基づいています。これによって世界最高水準とされる内視鏡洗浄を実施しています。

内視鏡洗浄機器とガイドライン

セミクリティカル機器(粘膜や創傷のある皮膚と接触する器具類)

内視鏡洗浄機器とガイドライン

また内視鏡検査で使用する粘膜や創傷のある皮膚と接触する器具類の扱いに関する件についてですが、具体的には内視鏡検査実施時は、患者さんごとにディスポーザブルシーツを使用しています。

また、内視鏡スコープ本体・鉗子などの扱いに関しては、「CDCガイドライン」「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」に基づき、殺菌・殺ウイルスをするなど、世界最高水準の内視鏡洗浄に努めています。

したがって患者さんは、常に清潔・安全に検査を受けることができます。