胃カメラ年1回検査

胃カメラのイメージ写真

現在、一般的に普及している消化器内視鏡は、当院長が在籍していた大学医局のボスでもあった日本消化器内視鏡学会名誉理事長でもある丹羽寛文先生が東京大学第一内科の時代より、オリンパス社を中心として電子スコープの開発、内視鏡的ポリープ切除術といった開発など多岐にわたって、進化・発展させられてきたものです。今や、丹羽先生のお弟子さんでもあった先生方も含め、内視鏡検査法、治療法の知識・技術を日本から世界に発信し続けている現状です。

がんや潰瘍といった病変はいち早く発見し、速やかに処置することができれば、より簡単な治療で済むほか、治癒する可能性や生存率も高まるようになります。つまり、胃内や腸内といった消化管内部を直接的に観察できる内視鏡検査は、病変の早期診断に適した検査方法のひとつで、各自治体で実施しているがん検診などでもよく用いられています。一般的には胃カメラと呼ばれている上部消化管内視鏡検査は、最も頻繁に行われている内視鏡検査です。検査の際は、口あるいは鼻からスコープ(先端にCCD(小型カメラ)が内蔵されている細長いチューブ)を挿入することで、食道、胃、十二指腸の内腔の様子が観察できるようになります。

なお当院長は、日本消化器内視鏡学会が認定する内視鏡専門医および指導医でもあります。そのため、内視鏡検査をするにあたっては、内視鏡挿入時や観察時など被検者となる方が不安になりやすい場面でもリラックスしやすい雰囲気づくりに努めることで、安心感をもてる検査というのを心がけています。

また当院の内視鏡検査時の特徴ですが、微小な病変や識別しにくい病変があるとされる検査では、スコープ先端より目的部位に色素を散布して病変部を目立たせるようにすることもできます(図2)。また、詳細な検査が必要と考えられる病変組織がある場合、スコープ先端に内蔵している鉗子から一部組織を採取して詳細を顕微鏡で調べる(図3)。さらにそんなに大きくないポリープなどがある場合は内視鏡で切除することもできます(図4)。このほか出血が消化管内で見られている場合は、出血部位を止血することも可能です(図5)。

図1通常観察 図2色素散布 図3組織採取 図4ポリープ切除 図5止血

このようなことから、内視鏡検査で胃がんを発見されたとしても、早期がんで条件を満たしているのであれば、開腹をせずとも内視鏡で切除治療は可能です。また、内視鏡検査はX線検査と比較しても直接観察ができるので微小な病変を見つけやすい、検査による被ばくがないといったことが利点です。

楽々胃カメラ

当院での内視鏡検査は、できるだけ被検者となる方の負担が軽減される検査というのを心がけています。例えば、口から挿入する経口内視鏡検査では、舌の根にスコープが触れることで嘔吐反射(えずく)が起きるようになるのですが、それを軽減させるための意識下鎮静法(軽く反射を抑える麻酔)や、鼻の穴に挿入することで舌の根にふれないようにするスコープの直径が5mmほどの経鼻内視鏡で検査を行います。また、大腸内視鏡検査では、内視鏡を挿入する際に空気も入るなどして、お腹のハリを訴えることもよくありますが、当院では独自の無送気内視鏡検査を使用するので、そのような症状に気づくことなく検査が受けられるようになります。

NBI特殊強調画像システム採用

当院で使用している内視鏡は、NBI (Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)という特殊強調画像システムを採用したものです。これは「早期がんの早期診断」を可能にするとされ、病変の悪性度について通常の内視鏡よりも正確に判断すると言われているものです。ちなみに同システムの中でも国立がん研究センター中央病院や大学病院などで採用されているとされる内視鏡の最上級モデルを当院では導入しています。

先でも触れましたが、NBI特殊強調画像システムを内視鏡検査で使用すると、通常の観察よりも病変の悪性度が正確に判断できるとされています。 さらにこのNBIシステムと拡大内視鏡を併用し、病変の悪性度を正確に判断できるようになれば、切除する必要のないとされる良性のポリープを切除せずに済むようになるので、患者さんの負担軽減にもつながるようになります。

  • 通常光通常光
  • 狭帯域光(NBI)狭帯域光(NBI)

経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)では、口から内視鏡を挿入する経口内視鏡検査と鼻から挿入する経鼻内視鏡検査がありますが、当院ではどちらにも対応しています。なお、挿入時あるいは検査時の苦痛が軽減されるよう経口内視鏡では、舌の根にスコープが触れることで起きるとされる嘔吐反射(えずく)をできるだけなくなるよう意識下鎮静法(軽く反射を抑える麻酔)を行います。また経鼻内視鏡は、鼻の穴に挿入できるように先端径が5mmと極細になっています。鼻からスコープを挿入していくことで、舌の根に触れることがなくなるので、嘔吐感が軽減されるようになるので、経鼻を選択される方もよく見受けられます。

経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査の説明イラスト

上部消化管内視鏡検査(経口胃カメラ)

経口内視鏡のイメージイラスト

経口胃カメラ(口から入れるカメラ)の主な特長

特長① 画像がより高精度
当院の検査で使用する経口内視鏡は、チューブの径が9mmと通常よりも細いものですが、ハイビジョンで高精度のカメラを採用しているので、微小な病変であっても早期発見に適した仕様となっています。
特長② NBI(特殊強調画像システム)採用
これは通常の内視鏡で用いられる照明では認識しにくいとされる食道の微小で平坦な病変も見つけられるようになるというものです。例えば、NBI特殊強調画像システム採用の内視鏡のライトを検査中に切り替えることで、先に挙げたような病変を確認できるようになります。
特長③ 痛みをできるだけ少なく
経口内視鏡検査で可能な限り痛みや負担を少なくしたいという方には、検査中に痛みをできるだけ感じないようにする検査も行っています。この場合、気がつかないうちに検査が終わるというもので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

上部消化管内視鏡検査(経鼻胃カメラ)

経口内視鏡のイメージイラスト 苦痛が少ない・吐き気が起こりにくい・検査中に話ができる

経鼻カメラ(鼻から入れるカメラ)の特長

特長① 反射嘔吐が少ない検査
口から内視鏡を挿入すると舌の根にスコープが触れるなどすることなどが影響して嘔吐反射(えずく)が出るようになります。しかし、鼻から挿入する経鼻内視鏡であれば、舌の根にスコープが触れることはないので、吐き気を催すことは、ほぼないとされています。経口胃カメラで反射嘔吐に苦しんだ方にお勧めです。
特長② 医師と検査中に会話が可能
口から内視鏡を挿入すると口は塞がった状態となるので検査中に話をすることはできません。ただ、鼻から挿入する経鼻胃カメラの場合は口を動かすことは容易ですので、検査中の医師と会話することができます。そのため、何か異変を感じたり、気になったことがあれば、すぐさま訴えることができますので、安心感を得られる方も多いかと思われます。
特長③ 体の負担を軽減
鼻から内視鏡を挿入する際は、鼻の孔に向けて出血予防のスプレーをかけ、さらにゼリー状の液体を流し込むタイプの局所麻酔をすれば準備完了となります。このように経鼻胃カメラでは、麻酔の量が少なくてすむので体にかかる負担は少なくて済むと言われています。また検査終了後は、30分ほどで飲食が可能なほか、車の運転をすることもできます。
特長④ NBI(特殊強調画像システム)採用
当院では、通常の内視鏡で使われる照明では認識しにくいとされる病変も見つけることができるとされる照明(ライト)が搭載された内視鏡を使用しています。これによって検査中にライトを切り替えるだけで病変が浮き出てきて問題病変を確認することができます。

内視鏡洗浄

当院では、院内感染の防止にも注力しており、院内全体において 「CDCガイドライン」という国際基準に準拠した取組みを実践しています。ちなみにCDCとは、米国疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)の略で、国際基準の感染対策に対するガイドラインを作成している機関でもあります。医療機関において、感染対策は重要な課題でもあるので、当院長はじめスタッフ全員で取り組んでおります。

とくに内視鏡の扱いについては、さらに万全の対策をとるべく、日本消化器内視鏡学会が作成のした『内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン』 に基づいています。これによって世界最高水準とされる内視鏡洗浄を実施しています。

内視鏡洗浄機器とガイドライン

セミクリティカル機器(粘膜や創傷のある皮膚と接触する器具類)

内視鏡洗浄機器とガイドライン

また内視鏡検査で使用する粘膜や創傷のある皮膚と接触する器具類の扱いに関する件についてですが、具体的には内視鏡検査実施時は、患者さんごとにディスポーザブルシーツを使用しています。

また、内視鏡スコープ本体・鉗子などの扱いに関しては、「CDCガイドライン」「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」に基づき、殺菌・殺ウイルスをするなど、世界最高水準の内視鏡洗浄に努めています。

したがって患者さんは、常に清潔・安全に検査を受けることができます。